メガリス以外にもED治療薬はある

メガリスやタダシップ以外にもEDに関する薬は様々なタイプがあります。
メガリスはシアリスのジェネリックであり、シアリスという薬も3大ED治療薬のひとつと言われています。
バイアグラ・レビトラ・シアリスの3大ED治療薬は日本だけではなく海外で愛用されている薬たちです。
これらの薬は中折れやEDの症状だけではなく、ペニスの症状に関する悩みに対応できる万能薬になります。
どの薬もEDに効きますが多少の違いがあります。
メガリスやシアリスは効き目が長いタイプになりますが、他の薬にはどのような効き目があるのでしょうか。

初代の効き目について

薬の中でも特に歴史の長いものがバイアグラになります。
この薬は初めてEDの治療を目的とした薬であり、現代も愛用者が多くジェネリックも色々なタイプが開発されています。
効き目は約4時間から5時間ほどであり、メガリスと比べると効き目が短めですが、より硬いペニスを作り出すことができます。
そのため、中折れやEDではないが満足できるセックスの為にバイアグラを愛用されている男性も多く存在します。
パートナーとのセックスが上手くいかないという方は一度使用してみると良いかもしれません。
歴史が長いため、作用副作用のデータも十分すぎるほど揃っているため、もし副作用を発症させたとしても焦ることなく対応することが可能です。

2代目の効き目について

バイアグラの次に開発されたのがレビトラという薬になります。
こちらはバイアグラのデメリットを取り除いた薬であり、効き目も約8時間から10時間と長くなっています。
中折れやEDだけではなく、ペニスに不安がある場合でも使用することで解消することができます。
またこの薬は食事の後でも使用することができます。
EDの薬はどれも食事の影響を受けやすいものが多く、特にバイアグラは影響を受けやすいタイプになります。
レビトラはある程度影響を抑えることができ、食後の後のセックス時でも効き目が実感できます。
しかし、食べ過ぎ飲み過ぎ時に使用すると効き目が半減してしまうので注意しましょう。